キャットフードは様々な原材料成分でできています。

なかには良質なものから危険なものまで存在します。

では、猫にとってよくない成分はなにかをお伝えします。

 

内副産物は危険

 

肉副産物とは、言わば「人間が食さない動物の肉」です。

 

食用肉は人間用に売り、残りのところは安くペットフード製造会社へ売り出されます。

こんな肉副産物には、目玉やくちばし、内臓や血液等が分類されます。

 

ほかにも「4Dミート」といった危険な肉が肉副産物として用いられるケースがあります。
4D ミートとは、病気やけが、奇形といったものが理由で出荷できない肉に該当します。

この「食用ではない肉」は安心とは言いづらく、健康が損なわれることもあります。

 

 

保存料は危険

 

保存料は食品の風味や見栄えを改良したり、品質が悪くならないよう添加されるのです。

 

品質の落ち込んだキャットフードは食いつきが下がるほか、下痢嘔吐などの健康ダメージを及ぼします。
とりわけキャットフードは脂質がたくさん使われているため、保存状態が悪いと一瞬で酸化してしまうわけです。

 

そこで、キャットフードの酸化を阻止するため「酸化防止剤」が欠かせません。

これのみ読むと「保存料はいいというものでは」と思われる人もいらっしゃることでしょう。

 

しかしながら、保存料には「発がん性物質」や免疫を下げる危険度の高いものも入ります。

 

 

酸化防止剤は危険

酸化防止剤には、3つのタイプがあります。

1つめは「天然」という酸化防止剤です。
成分は「天然ビタミンE」です。

天然の酸化防止剤は、ハーブ等から酸化防止に作用する成分を抽出したものになります。
安全性が高くて、キャットフードを選択する際は天然の酸化防止剤を選択することが大事です。

 

2つ目は「天然型」という酸化防止剤です。

これは天然のビタミンEに酢酸を加え、ビタミンの形を安定させたものとなります。
しかしながら体に入ったとき、より有効に機能するのは天然のビタミンEです。

 

3つ目は「合成型」という、一番危険な酸化防止剤です。

合成型は主として石油から精製されるのです。
天然や天然型とは違って、合成型には強力な毒性があるいうデータがあります。

 


 

猫ちゃんのためにも体によいもので作られてキャットフードを購入しましょうね!

購入がまだの方はこちらでキャットフードの選び方をマスターしましょう♪⇒キャットフードの選び方

 

キャットフード給餌量(きゅうじりょう)とは餌の分量のことです。

愛猫にはどれくらいの量のフードをあげたらいいのかはむずかしいですよね?

ここでは給餌量についてまとめてみたので、愛猫にどれくらいフードをあげるべきかの参考にしてみてくださいね。

 

フードの切り替えがうまくできない方はこちらをご参考に⇒キャットフードの正しい切り替え方法とは?

 

 

年齢や生後間もない期間の給餌量とは

 

ほ乳期(生まれてすぐ~生後3~5週):1日/5~8回

 

子猫の世話が上手な母猫がいれば、おかあさんのオッパイの方が良いので、お母さんを信頼してOK。

お母さんが育児に馴れていなかったり、子猫の数がたくさんで母乳だけで乏しい場合は人工乳でフォローすることが必要です。

人間用牛乳の乳糖を分解不可能な猫が多いので、必ず牛乳をあげないでください。子猫専用の粉ミルクを用いてください。

 

 

離乳期(生後3週~1ヶ月半くらい):1日/3~4回

 

離乳の出だしは、子猫の離乳用ペースト状の缶詰や動物病院で提供してくれる高栄養食の缶詰が最も適しています。

ペースト状の缶詰を指に少々とって、子猫の口を開け上あごに擦りつけて舐めさせましょう。
始めはひと舐めから開始し、だんだんと舐めさせる分量、1日の頻度をプラスしていきます。

 

離乳期の初めは離乳食だけでは必要量を採り入れることができませんので、母乳か粉ミルクを同時使用します。
子猫自身で皿のものを舐められるようになるには、個体差によりけりですが離乳を開始してから5日~2週間程度必要です。

離乳食は、1日4~5回位あげます。だんだんと1人で食べるようになってくると1日3回にし、分量は食べたがるだけ与えます。

 

頻繁にウンチの様子を確認し、下痢を起こしたらいったん離乳食を中断。

下痢が治ってからまた段々と与えます。調子よく離乳が続いてきたら、ベビー用のドライフードを与えます。

子猫の中ではペースト状のフードをきらい、何度あげても自身から口に運ばない子もいますが、ある時、突然一気にドライフードを食べ始めたりすることがあるんです。
子猫に食べやすいのじゃないかと、ドライフードをお湯でふやかす人がいるようですが、ふやかしたフードをとても嫌う猫もおります。

ベビータイプのドライフードは柔らかめに作ってありますので、ふやかさないでそっくりそのままトライさせた方が良いと思います。
体調や体型、便に不都合がなければ、食したいだけ与えて良いんです。

 

 

幼児期(生後1ヶ月半~4ヶ月):1日/3回

 

良質なタンパク質とエネルギー量を要する時です。

ベビータイプのドライフードを主に与えてください。体調や体型、便に不都合がなければ食べたいだけ与えてオーケーなのです。

 

成長期(生後4ヶ月~7ヶ月):1日/2回

 

ベビータイプから、キトン(子猫用)タイプに変えるときです。

体調や体型、便に問題なければ食したいだけ与えて良いです。

 

 

成猫(7ヶ月~7歳):1日/2回

 

7ヶ月前後に去勢・不妊手術をした後、いっきに体重が増え出したケースだとライト(カロリー少なめ)タイプに変えますが、

体重増加がゆるやかな場合は成猫のやつでOKです。動物病院では、去勢・不妊手術後の体重管理を考慮した療法食タイプのフードを取り揃えているところがあるために、

手術の際に話し合っても良いです。猫の体重や体型、活動量によって食べてみる量を規制します。

 

 

中年期(7歳~10歳):1日/2回

 

健康状態に不都合がなければ、成猫タイプまたはライトタイプ(体重管理)を。猫の体重や体型、運動量次第で食べる量をコントロールします。

 

 

老齢期(10歳以上~):1日/2回

あらゆる猫が老齢期というわけではありませんから、とりわけフードを変更しなくても良い猫もいれば、

タンパク質、脂肪、カロリー量が減っているシニアタイプに変更した方が望ましい猫もいます。

 


猫の体重や体型、運動量によって食事を摂る量をコントロールします。

猫の年齢や運動量、様子によって給餌量をコントロールするのも飼い主様の役割です!

 

キャットフードをいまもの物から新しいものに切り替える方法を間違うと食べない・食いつかないといった具合になる可能性があります。

場合によっては体にもよくない影響がでることも・・・

 

そこで正しいキャットフードの切り替え方を学び実践することで、スムーズに新しいキャットフードに慣れることができますのでご紹介しますね。

 

キャットフードはいきなり切り替えては駄目!

 

キャットフードにはただ今多様なメーカーから数多くの種類が売られています。

 

人間が食べるわけではないので、どういうわけかちょっとでも美味しそうなものをたっぷりと与えたい!という感じがしてしまいます。

 

現実には、キャットフードをいきなり新しいものに変更するのは猫の身体にダメージがあるため切り替えは様態をみながら切り替えていくことが重要になります。

いきなりキャットフードを切り替えたケースで起きる症状について記載します。

 

下痢をしてしまう危険性がある

 

猫は経験の浅いキャットフードを口にすると胃に負荷が掛かってしまうため、お腹を乱してしまいます。

 

猫の胃は毎日食べていないものをいきなりたっぷりと食べると、いくら素材が良好なキャットフードでも下痢や軟便を引き起こしてしまう危険性が考えられます。

 

とりわけ子猫の時節は軟便や下痢は脱水症状になる事が有り得るので、いきなりフードを変更するのはやめておきましょう。

 

 

吐き戻す

 

慣れないキャットフードをいきなりたっぷりと食べると、胃が驚いて吐き戻してしまうこともあります。

 

いっぱい吐き戻してしまうと猫も苦しいので、ちょっとずつ変えていくことが大切だと考えます。

 

正確に言うといつまでも同じキャットフードを長く使うのがなによりですが、健康に良いフードや療養食に変えるとなったときにキャットフードの変更方法を把握しておくと安心できます。

 

 

キャットフードの切替方法をお教えします

 

キャットフードはいきなり変えてみたら猫ちゃんに負担が掛かるので、ちょっとずつ新しいフードに替えていきましょう。

 

キャットフードを丸ごと入れ換えるには10日程度かけてすればスムーズに変える事が可能となります。

初日:これまで与えていたフード90%、新たなるフード10%
2日目:これまで与えていたフード80%、新たなるフード20%
3日目:これまで与えていたフード70%、新たなるフード30%

 

理想としてはこのような内容の比率で、少しずつ新しいキャットフードを増していって10日を基準にして完全に変更していきましょう。

じっくりとキャットフードを変えることによって、胃へのダメージも減りますし猫の食いつきも改善されます。

 

フードの好みがしっかりした猫ちゃんだと、苦手な匂いのフードはちょっとずつ切り替えをしても食さないケースもあるでしょうからお気に入りの風味を知っておくと効果的です。

 

食べなくても気配を見る

 

 

キャットフードの切り替えって思ったより大変で、始めはあんまり食べてくれないこともあります。

うちの猫も好みがこのところ出てきたので、匂いがハードなキャットフードはとりわけもう一つ食べてくれません。

 

でも食べてくれないからといって安易に他のものに変更するのではなく、今までに食べていたエサをちょっと混ぜたりしてみて雰囲気をみましょう。

ひと月程度新しいキャットフードを継続してみてそれでも食いつきが芳しくないようなら、切替を考えましょう。

 

猫がだんだんと新しいキャットフードに慣れたら食してくれることもあるので、即座に決めてしまわないように心掛けましょう。

 


 

キャットフードの切り替えは焦らずじっくり時間をかけてもいいので、猫ちゃんの様子を見ながら実践していきましょうね♪

キャットフードには様々な種類がありますし、特徴もそれぞれ異なります。

種類によって猫ちゃんの好みや向き不向きが分かれますので、それぞれの特徴を把握するのが大切です。

そこでキャットフードの種類とその特徴について調べましたのでご紹介したいと思います。

 

まだキャットフードを選びきれていない方はこちらを参考にしてみてください⇒キャットフードの選び方とは??

キャットフードの種類は?

 

 

キャットフードの種類というのは、含まれる「水分量」により分類されます。

その中でも主流なのは、水分含有量10%以下の「ドライタイプ」、水分含有量75%以上の「ウェットタイプ」の2種類になります。

ドライタイプとウェットタイプの中間的な位置付けの食べ物として、「セミモイストタイプ」も存在するよ♪

 

ドライタイプの特徴

ドライタイプは水分量が少ないもので、きちんと密閉管理した場合長期保存が簡単なのが特徴です。

栄養バランスが申し分なく硬めの食感ですので、あごを鍛えたり歯石を除去したりすることが可能ですよ。

乾燥しているため、ドライフードをあげる時は側にお水を準備してあげてくださいね。

開封後からは酸化が起こるため、大袋を買った場合は分割にして密封保存するなど心掛ける必要があります。

 

 

ウェットタイプの特徴

 

ウェットタイプには、魚のにおいや肉の食感が残存しているので、グルメな猫には満足度が大きいフードと言えます。

味の種類が多くあるので嗜好性の優れた猫にピッタリですよ。

水分摂取が下手な猫ならウェットタイプの食事によって水分を摂ることも可能でしょう。

一食分ごとの梱包となっているため鮮度がいつでも保たれますが、値段はドライタイプと比較して高めです。

また、歯石が付きやすく、食べかすが口臭が発生する原因にもつながります。
開封後は長期保存ができないです。

 

 

セミモイストタイプの特徴

 

水分量が25~40%程度の、柔らかいのをセミモイストタイプと呼びます。

ドライ・ウェット各々の特徴をあわせ持つフードで、食いつきが良く割と長い間保存することも出来ますよ

食欲の下がっている猫やドライフードが不向きな猫、ご褒美・おやつでの活用に向いています。

ただ「半生状態」であるため、最近繁殖や腐敗を防ぐ添加物が含まれているものが多いです。

このタイプをあげる際には成分表示をチェックし、危険な添加物が混ざっていないものを選択したいものですよね。

 


 

自分の猫ちゃんに合っているものはどれでしょうか?ぜひ参考にしてもらえればと思います。

キャットフードで気になるのはきちんと栄養が含まれているかどうかですよね??

でもどんな栄養素が入っていたら猫にとってよいのかがわからない飼い主さんもいると思います。

ここではキャットフードの栄養素についてまとめてみました。

 

猫に必要な栄養素

 

完全肉食獣である猫が必要な栄養は、水、たんぱく質、炭水化物、脂肪、ミネラル、ビタミン等々。

基本栄養素は同じものですが、必須アミノ酸など欠かすことができない量の配分は全然違います。

猫に欠かせない栄養の良いバランスの「総合栄養食」というキャットフードを与えるのが最も安心です。

ドライフードは全て総合栄養食でございますが、缶詰は表示をご覧になってあげてください。

 

 

ネコは、尿を濃縮することで摂取水分が少ない場合でも暮らせる体を持っています。

そのため猫の腎臓が常々フル回転で働いています。大勢の高齢猫が慢性腎不全になるのは、その為です。

猫の体は胎児期~未成熟期には80~90%、成猫になると60~70%の体水分で占めています。どんな時でも新たな水が飲めるようにセットしてあげてもらいたいです。

缶詰を食事のメインにしている猫は缶詰から約75%の水分を摂ることが可能ですが、ドライフードを主食にしていると約10%未満しか水分が取り入れできません。
ドライフードを食事のメインにしている猫には、とりわけ水をいっぱい飲めるようにすべきです。

 

 

タンパク質

タンパク質は体の臓器や筋肉といった組織の基本的構成物質で、ホルモンや酵素、抗体を形成する貴重な栄養です。
猫は、1日の食事量の約26%~30%を体が必要としているアミノ酸をバランスよく配合した良質なタンパク質で摂取することが不可欠です。
特に重要な必須アミノ酸はアルギニンとタウリンです。

 

 

炭水化物

ほとんどは植物材料から取れちゃう栄養素で、糖質と繊維質で成り立ちます。

糖質は健康のエネルギー源として、また繊維質は消化器の構造を正しく保ちます。

完全肉食獣の猫は、脂肪とタンパク質からエネルギーを得るので人ほど炭水化物が不可欠の栄養素じゃありません

しかしながら、動物性のタンパク質にはビタミンやミネラルの欠如を招きますので、キャットフードには栄養配分を良くするために炭水化物が含有されています。

 

 

脂肪

脂肪はエネルギー源となったり、脂溶性ビタミンの吸収を助けたりします。

猫は、体の中で生成することができないリノール酸やアラキドン酸を食物から摂り込むことが必要です。

不飽和脂肪酸がいっぱい配合されているマグロやカツオ、アジ、サバなどの青魚だけ食べさせていると、皮下脂肪が変性して黄色脂肪症という病になるケースがあります。

 

 

ミネラル

ミネラルは体内バランスの持続に不可欠で、神経や筋肉を活発にします。

ミネラルには、カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、塩素、イオウ、マグネシウム、鉄、フッ素、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素などが存在していますが、その他のミネラルやビタミンとのバランスがとても大事です。とりわけ、カルシウムとリンは1.2~1.5倍の比率で体に取り込むことが大切です。

マグネシウムを摂取し過ぎると泌尿器症候群(尿道結石など)を引き起こす確率が高くなります。この部分に気を使って作られている上質なキャットフードをチョイスしてください。

 

 

ビタミン

ビタミンは、色んな体内代謝を行う物質のひとくくりにした呼び方です。

水分に溶ける「水溶性ビタミン(ビタミンB群、ビタミンC)」と脂肪に溶ける「脂溶性ビタミン(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK)」にカテゴリー分けされます。

猫はビタミンKとCを体の中で一緒にすることが可能ですが、ビタミンE、A、B1、B2、B6、Dなどは体の中で結び付けできないので、ご飯で摂ることが求められます。

 

キャットフードは、ペットショップ やホームセンターで様々なものが販売されています。

猫ちゃんの好みもありますがどれを買ったらいいのかが難しいですよね?

 

合わないフードをあげると猫ちゃんの食いつきの悪さが顕著になり食べないといった原因につながってしまいます。

 

そこで、キャットフードの選び方をご紹介したいと思います♪

 

 

まずは愛猫の把握から

 

市販されているキャットフードには、カロリー表示と体重によって給餌量が書かれてますが、個体差や活動量などによっても必要とされる量が異なります。

掲載された量はあくまでも参考とし、猫の体型や健康状態、食事方法、求めるタイミングを確認し、給餌量を調整ください。

 

 

猫の必要な栄養分とは

 

猫は肉食動物です。ですのでタンパク質の多い食事が望ましいですね。

 

しかし、栄養のバランスも大事です。どんな栄養素が必要になってくるかはこちらでご紹介していますので参考にしてみて下さい。

 

紹介ページ⇒猫に必要な栄養についてまとめてみました

 

 

猫に必要なカロリー量とは

 

猫に必要な標準カロリー(参考値)は、以下で確認できます。

 

体重(kg)×10週齢:250
体重(kg)×20週齢:130
体重(kg)×30週齢:100
体重(kg)×40週齢~50週齢で活発な個体:80
体重(kg)×40週齢~50週齢で不活発な個体:70

 

猫はいっぺんにご飯を食べるのが不得意で、日に何回も少量ずつ何回も食べたがります。
子猫から成長期に及んでは高エネルギーを要するので、1日2回求めるだけ食べさせて、他の時間帯はちょっとの置き餌を準備してあげて下さい。

 

 

アレルギーが出やすいキャットフードとそうでないキャットフードとは??

 

少数の猫は、ある決められたアレルゲンに反応し、首から上の顔ところに著しいかゆみを持ち掻きむしったり、軟便し続ける、

最初に排出される便は硬いがだんだんと緩くなり、あげくの果て下痢らしき便になるというような症状が見られます。

タンパク質(魚や肉など)に対しアレルギー反応をもたらすことがよくありますが、中には酸化防止剤といった添加物や小麦、ハーブなどの穀物でアレルギー反応を発症させる猫もいます。

 

穀物は猫の消化には悪く、グルテンフリー(穀物不使用)のキャットフードもあったりします。

 

私の猫はアレルギーを少しもっているようなので、できるだけ発症しないように添加物が不使用でグルテンフリーのキャットフードを与えています。

紹介するとカナガンキャットフードを与えています。

 

 

カナガンキャットフードについて詳細はこちら⇒無添加でグルテンフリーの カナガンキャットフード について

 

アレルゲンの判別をして、それが含まれていないフードをあげるのが何よりですが、アレルゲンの特定はかなり困難です。
グルテンフリーや添加物の入ってないようなフード選びがアレルギーの発症を抑えてくれると思いますので、ご参考にしてみてください。

 

 

まとめ

 

キャットフードは選び方も大事ですが与え方も大切です。

最近は毛球ケア、歯垢がつきづらくなる、胃腸のデリケートな子用、妊娠・授乳期用、アレルギー対策用などがあります。
愛猫によって、必要性がある場合は所定のフードをご活用することをおすすめします。

 

どれくらい与えたらいいか、どのような成分が入ったフードがいいかを把握して愛猫にピッタリのキャットフードを選びましょう!!

 

猫ちゃんが毎日食べるキャットフード

愛猫が食べないと心配になりますよね?

 

 

しかし、キャットフードを食べる猫ちゃんのことを知っていれば心配する必要がなかったなんてこともよくあります。

ここではキャットフードを与える前に飼い主さんに知っておいてほしいことをまとめましたのでご紹介しますね!

 

猫のムラ食いに騙されない

猫は元来ムラ食いな生き物なので、食べなくなったからといって他のフードをコロコロ変更するのはよくありません。

30分位ご飯を置いても口を付ける雰囲気がなく、猫の状況を見て体調にトラブルがなさそうだったら食器を下げても問題ないです。

こいつを食べなかったらより一層美味しいご飯が現れると思わせないように。猫の様子がいつもと変わらないのであれば、一日くらいは様子をみたらいいと思います。
2~3日経過しても全く食欲を示さないとならば、すぐさま獣医師にご連絡してください。

しかし、肥満体型の猫が3日という間いっさいご飯を吸収しないと脂肪肝になることも想定されますので、食べる気が見られるように缶詰などをトッピングやってみるとか、プラスαで猫の気持ちをそそってください。

 

もしかして、食べなくなった要因が猫の体調が求める栄養素に到達しない可能性があります。
あげている食べ物がはたして猫にとって質のいい食べ物かどうか検証することが必要でしょう。

 

同じキャットフードだけあげ続けてもよい

 

同じフードだけをあげさせ続けるのがいいのか、各々のフードをしばらくの間や時には変更したほうがいいのかに関しては、様々な評価があるでしょう。

うちの猫は最年長15歳の猫も違う子も、変わらないメーカーのフードを長年食べリピートしています。

加齢によってフードの種類を変えていますが、同様のものを食べ続けても飽きがくることも、そして体調がおかしくなることもないのです。
猫によって、直ぐに味に飽きてしまい異なるものを望む子もいれば、おんなじものでも全然文句をいわなかったりします。

どちらがいいとかよくないとか、容易に判定できるものではないと考えられます。

 

好みに変化が起きる方が食欲を感じるのであれば、サイクルでフードを入れ替えても良いでしょう。

 

 

惚れ込んで食べているフードが販売停止になったり、リニュアルして風味や味が違った感じになって手に入らなくなることもあります。

病になり療法食しか提供されなくなることもあり得ます。色々な都合でフードを交換することがあると思いますが、

同様のメーカーのフードでもシリーズを変える時は一気にすべてを変えないで、

これまで食べていたものに新たなフードを徐々に混ぜ、1週間位便の様子を見ながら移行してください。

 

しかしながら、違うメーカーのキャットフードを混ぜ合わせるのは良くないです。

各々のメーカーが独特のノウハウで猫の栄養素を追及し、それを必要量口にすることで取り込めるよう考案しています。
その割合は各社多様なので、フードを合わせてしまうと元々必要量の栄養素を偏らせてしまうおそれが発生します。

フードは混ぜて与えず、1社のみのものにして下さい。

 

猫はにおいで味わう

 

猫は食べることができるものか、美味しいかどうかをニオイで決め付けます。

ニオイが飛ば無いように、缶詰は1回分の食べ切り量、ドライフードも開けて2週間のうちに食べきれる分量を買って、

 

密封容器に入れるなど水気がなくならないように心掛けましょう。

 


正しい知識をもってキャットフードをあげましょう♪

 

フード選びに悩んでいたらこちらで選び方を教えています⇒キャットフードの正しい選び方とは??