キャットフードをあげる前に知っておくべきこと

猫ちゃんが毎日食べるキャットフード

愛猫が食べないと心配になりますよね?

 

 

しかし、キャットフードを食べる猫ちゃんのことを知っていれば心配する必要がなかったなんてこともよくあります。

ここではキャットフードを与える前に飼い主さんに知っておいてほしいことをまとめましたのでご紹介しますね!

 

猫のムラ食いに騙されない

猫は元来ムラ食いな生き物なので、食べなくなったからといって他のフードをコロコロ変更するのはよくありません。

30分位ご飯を置いても口を付ける雰囲気がなく、猫の状況を見て体調にトラブルがなさそうだったら食器を下げても問題ないです。

こいつを食べなかったらより一層美味しいご飯が現れると思わせないように。猫の様子がいつもと変わらないのであれば、一日くらいは様子をみたらいいと思います。
2~3日経過しても全く食欲を示さないとならば、すぐさま獣医師にご連絡してください。

しかし、肥満体型の猫が3日という間いっさいご飯を吸収しないと脂肪肝になることも想定されますので、食べる気が見られるように缶詰などをトッピングやってみるとか、プラスαで猫の気持ちをそそってください。

 

もしかして、食べなくなった要因が猫の体調が求める栄養素に到達しない可能性があります。
あげている食べ物がはたして猫にとって質のいい食べ物かどうか検証することが必要でしょう。

 

同じキャットフードだけあげ続けてもよい

 

同じフードだけをあげさせ続けるのがいいのか、各々のフードをしばらくの間や時には変更したほうがいいのかに関しては、様々な評価があるでしょう。

うちの猫は最年長15歳の猫も違う子も、変わらないメーカーのフードを長年食べリピートしています。

加齢によってフードの種類を変えていますが、同様のものを食べ続けても飽きがくることも、そして体調がおかしくなることもないのです。
猫によって、直ぐに味に飽きてしまい異なるものを望む子もいれば、おんなじものでも全然文句をいわなかったりします。

どちらがいいとかよくないとか、容易に判定できるものではないと考えられます。

 

好みに変化が起きる方が食欲を感じるのであれば、サイクルでフードを入れ替えても良いでしょう。

 

 

惚れ込んで食べているフードが販売停止になったり、リニュアルして風味や味が違った感じになって手に入らなくなることもあります。

病になり療法食しか提供されなくなることもあり得ます。色々な都合でフードを交換することがあると思いますが、

同様のメーカーのフードでもシリーズを変える時は一気にすべてを変えないで、

これまで食べていたものに新たなフードを徐々に混ぜ、1週間位便の様子を見ながら移行してください。

 

しかしながら、違うメーカーのキャットフードを混ぜ合わせるのは良くないです。

各々のメーカーが独特のノウハウで猫の栄養素を追及し、それを必要量口にすることで取り込めるよう考案しています。
その割合は各社多様なので、フードを合わせてしまうと元々必要量の栄養素を偏らせてしまうおそれが発生します。

フードは混ぜて与えず、1社のみのものにして下さい。

 

猫はにおいで味わう

 

猫は食べることができるものか、美味しいかどうかをニオイで決め付けます。

ニオイが飛ば無いように、缶詰は1回分の食べ切り量、ドライフードも開けて2週間のうちに食べきれる分量を買って、

 

密封容器に入れるなど水気がなくならないように心掛けましょう。

 


正しい知識をもってキャットフードをあげましょう♪

 

フード選びに悩んでいたらこちらで選び方を教えています⇒キャットフードの正しい選び方とは??