キャットフードにおける必要な栄養素とは

キャットフードで気になるのはきちんと栄養が含まれているかどうかですよね??

でもどんな栄養素が入っていたら猫にとってよいのかがわからない飼い主さんもいると思います。

ここではキャットフードの栄養素についてまとめてみました。

 

猫に必要な栄養素

 

完全肉食獣である猫が必要な栄養は、水、たんぱく質、炭水化物、脂肪、ミネラル、ビタミン等々。

基本栄養素は同じものですが、必須アミノ酸など欠かすことができない量の配分は全然違います。

猫に欠かせない栄養の良いバランスの「総合栄養食」というキャットフードを与えるのが最も安心です。

ドライフードは全て総合栄養食でございますが、缶詰は表示をご覧になってあげてください。

 

 

ネコは、尿を濃縮することで摂取水分が少ない場合でも暮らせる体を持っています。

そのため猫の腎臓が常々フル回転で働いています。大勢の高齢猫が慢性腎不全になるのは、その為です。

猫の体は胎児期~未成熟期には80~90%、成猫になると60~70%の体水分で占めています。どんな時でも新たな水が飲めるようにセットしてあげてもらいたいです。

缶詰を食事のメインにしている猫は缶詰から約75%の水分を摂ることが可能ですが、ドライフードを主食にしていると約10%未満しか水分が取り入れできません。
ドライフードを食事のメインにしている猫には、とりわけ水をいっぱい飲めるようにすべきです。

 

 

タンパク質

タンパク質は体の臓器や筋肉といった組織の基本的構成物質で、ホルモンや酵素、抗体を形成する貴重な栄養です。
猫は、1日の食事量の約26%~30%を体が必要としているアミノ酸をバランスよく配合した良質なタンパク質で摂取することが不可欠です。
特に重要な必須アミノ酸はアルギニンとタウリンです。

 

 

炭水化物

ほとんどは植物材料から取れちゃう栄養素で、糖質と繊維質で成り立ちます。

糖質は健康のエネルギー源として、また繊維質は消化器の構造を正しく保ちます。

完全肉食獣の猫は、脂肪とタンパク質からエネルギーを得るので人ほど炭水化物が不可欠の栄養素じゃありません

しかしながら、動物性のタンパク質にはビタミンやミネラルの欠如を招きますので、キャットフードには栄養配分を良くするために炭水化物が含有されています。

 

 

脂肪

脂肪はエネルギー源となったり、脂溶性ビタミンの吸収を助けたりします。

猫は、体の中で生成することができないリノール酸やアラキドン酸を食物から摂り込むことが必要です。

不飽和脂肪酸がいっぱい配合されているマグロやカツオ、アジ、サバなどの青魚だけ食べさせていると、皮下脂肪が変性して黄色脂肪症という病になるケースがあります。

 

 

ミネラル

ミネラルは体内バランスの持続に不可欠で、神経や筋肉を活発にします。

ミネラルには、カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、塩素、イオウ、マグネシウム、鉄、フッ素、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素などが存在していますが、その他のミネラルやビタミンとのバランスがとても大事です。とりわけ、カルシウムとリンは1.2~1.5倍の比率で体に取り込むことが大切です。

マグネシウムを摂取し過ぎると泌尿器症候群(尿道結石など)を引き起こす確率が高くなります。この部分に気を使って作られている上質なキャットフードをチョイスしてください。

 

 

ビタミン

ビタミンは、色んな体内代謝を行う物質のひとくくりにした呼び方です。

水分に溶ける「水溶性ビタミン(ビタミンB群、ビタミンC)」と脂肪に溶ける「脂溶性ビタミン(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK)」にカテゴリー分けされます。

猫はビタミンKとCを体の中で一緒にすることが可能ですが、ビタミンE、A、B1、B2、B6、Dなどは体の中で結び付けできないので、ご飯で摂ることが求められます。