キャットフードの種類ってどんなものがあるの?

キャットフードには様々な種類がありますし、特徴もそれぞれ異なります。

種類によって猫ちゃんの好みや向き不向きが分かれますので、それぞれの特徴を把握するのが大切です。

そこでキャットフードの種類とその特徴について調べましたのでご紹介したいと思います。

 

まだキャットフードを選びきれていない方はこちらを参考にしてみてください⇒キャットフードの選び方とは??

キャットフードの種類は?

 

 

キャットフードの種類というのは、含まれる「水分量」により分類されます。

その中でも主流なのは、水分含有量10%以下の「ドライタイプ」、水分含有量75%以上の「ウェットタイプ」の2種類になります。

ドライタイプとウェットタイプの中間的な位置付けの食べ物として、「セミモイストタイプ」も存在するよ♪

 

ドライタイプの特徴

ドライタイプは水分量が少ないもので、きちんと密閉管理した場合長期保存が簡単なのが特徴です。

栄養バランスが申し分なく硬めの食感ですので、あごを鍛えたり歯石を除去したりすることが可能ですよ。

乾燥しているため、ドライフードをあげる時は側にお水を準備してあげてくださいね。

開封後からは酸化が起こるため、大袋を買った場合は分割にして密封保存するなど心掛ける必要があります。

 

 

ウェットタイプの特徴

 

ウェットタイプには、魚のにおいや肉の食感が残存しているので、グルメな猫には満足度が大きいフードと言えます。

味の種類が多くあるので嗜好性の優れた猫にピッタリですよ。

水分摂取が下手な猫ならウェットタイプの食事によって水分を摂ることも可能でしょう。

一食分ごとの梱包となっているため鮮度がいつでも保たれますが、値段はドライタイプと比較して高めです。

また、歯石が付きやすく、食べかすが口臭が発生する原因にもつながります。
開封後は長期保存ができないです。

 

 

セミモイストタイプの特徴

 

水分量が25~40%程度の、柔らかいのをセミモイストタイプと呼びます。

ドライ・ウェット各々の特徴をあわせ持つフードで、食いつきが良く割と長い間保存することも出来ますよ

食欲の下がっている猫やドライフードが不向きな猫、ご褒美・おやつでの活用に向いています。

ただ「半生状態」であるため、最近繁殖や腐敗を防ぐ添加物が含まれているものが多いです。

このタイプをあげる際には成分表示をチェックし、危険な添加物が混ざっていないものを選択したいものですよね。

 


 

自分の猫ちゃんに合っているものはどれでしょうか?ぜひ参考にしてもらえればと思います。