キャットフードを切り替える方法とは

キャットフードをいまもの物から新しいものに切り替える方法を間違うと食べない・食いつかないといった具合になる可能性があります。

場合によっては体にもよくない影響がでることも・・・

 

そこで正しいキャットフードの切り替え方を学び実践することで、スムーズに新しいキャットフードに慣れることができますのでご紹介しますね。

 

キャットフードはいきなり切り替えては駄目!

 

キャットフードにはただ今多様なメーカーから数多くの種類が売られています。

 

人間が食べるわけではないので、どういうわけかちょっとでも美味しそうなものをたっぷりと与えたい!という感じがしてしまいます。

 

現実には、キャットフードをいきなり新しいものに変更するのは猫の身体にダメージがあるため切り替えは様態をみながら切り替えていくことが重要になります。

いきなりキャットフードを切り替えたケースで起きる症状について記載します。

 

下痢をしてしまう危険性がある

 

猫は経験の浅いキャットフードを口にすると胃に負荷が掛かってしまうため、お腹を乱してしまいます。

 

猫の胃は毎日食べていないものをいきなりたっぷりと食べると、いくら素材が良好なキャットフードでも下痢や軟便を引き起こしてしまう危険性が考えられます。

 

とりわけ子猫の時節は軟便や下痢は脱水症状になる事が有り得るので、いきなりフードを変更するのはやめておきましょう。

 

 

吐き戻す

 

慣れないキャットフードをいきなりたっぷりと食べると、胃が驚いて吐き戻してしまうこともあります。

 

いっぱい吐き戻してしまうと猫も苦しいので、ちょっとずつ変えていくことが大切だと考えます。

 

正確に言うといつまでも同じキャットフードを長く使うのがなによりですが、健康に良いフードや療養食に変えるとなったときにキャットフードの変更方法を把握しておくと安心できます。

 

 

キャットフードの切替方法をお教えします

 

キャットフードはいきなり変えてみたら猫ちゃんに負担が掛かるので、ちょっとずつ新しいフードに替えていきましょう。

 

キャットフードを丸ごと入れ換えるには10日程度かけてすればスムーズに変える事が可能となります。

初日:これまで与えていたフード90%、新たなるフード10%
2日目:これまで与えていたフード80%、新たなるフード20%
3日目:これまで与えていたフード70%、新たなるフード30%

 

理想としてはこのような内容の比率で、少しずつ新しいキャットフードを増していって10日を基準にして完全に変更していきましょう。

じっくりとキャットフードを変えることによって、胃へのダメージも減りますし猫の食いつきも改善されます。

 

フードの好みがしっかりした猫ちゃんだと、苦手な匂いのフードはちょっとずつ切り替えをしても食さないケースもあるでしょうからお気に入りの風味を知っておくと効果的です。

 

食べなくても気配を見る

 

 

キャットフードの切り替えって思ったより大変で、始めはあんまり食べてくれないこともあります。

うちの猫も好みがこのところ出てきたので、匂いがハードなキャットフードはとりわけもう一つ食べてくれません。

 

でも食べてくれないからといって安易に他のものに変更するのではなく、今までに食べていたエサをちょっと混ぜたりしてみて雰囲気をみましょう。

ひと月程度新しいキャットフードを継続してみてそれでも食いつきが芳しくないようなら、切替を考えましょう。

 

猫がだんだんと新しいキャットフードに慣れたら食してくれることもあるので、即座に決めてしまわないように心掛けましょう。

 


 

キャットフードの切り替えは焦らずじっくり時間をかけてもいいので、猫ちゃんの様子を見ながら実践していきましょうね♪