キャットフードの給餌量はどうすればいいの?

キャットフード給餌量(きゅうじりょう)とは餌の分量のことです。

愛猫にはどれくらいの量のフードをあげたらいいのかはむずかしいですよね?

ここでは給餌量についてまとめてみたので、愛猫にどれくらいフードをあげるべきかの参考にしてみてくださいね。

 

フードの切り替えがうまくできない方はこちらをご参考に⇒キャットフードの正しい切り替え方法とは?

 

 

年齢や生後間もない期間の給餌量とは

 

ほ乳期(生まれてすぐ~生後3~5週):1日/5~8回

 

子猫の世話が上手な母猫がいれば、おかあさんのオッパイの方が良いので、お母さんを信頼してOK。

お母さんが育児に馴れていなかったり、子猫の数がたくさんで母乳だけで乏しい場合は人工乳でフォローすることが必要です。

人間用牛乳の乳糖を分解不可能な猫が多いので、必ず牛乳をあげないでください。子猫専用の粉ミルクを用いてください。

 

 

離乳期(生後3週~1ヶ月半くらい):1日/3~4回

 

離乳の出だしは、子猫の離乳用ペースト状の缶詰や動物病院で提供してくれる高栄養食の缶詰が最も適しています。

ペースト状の缶詰を指に少々とって、子猫の口を開け上あごに擦りつけて舐めさせましょう。
始めはひと舐めから開始し、だんだんと舐めさせる分量、1日の頻度をプラスしていきます。

 

離乳期の初めは離乳食だけでは必要量を採り入れることができませんので、母乳か粉ミルクを同時使用します。
子猫自身で皿のものを舐められるようになるには、個体差によりけりですが離乳を開始してから5日~2週間程度必要です。

離乳食は、1日4~5回位あげます。だんだんと1人で食べるようになってくると1日3回にし、分量は食べたがるだけ与えます。

 

頻繁にウンチの様子を確認し、下痢を起こしたらいったん離乳食を中断。

下痢が治ってからまた段々と与えます。調子よく離乳が続いてきたら、ベビー用のドライフードを与えます。

子猫の中ではペースト状のフードをきらい、何度あげても自身から口に運ばない子もいますが、ある時、突然一気にドライフードを食べ始めたりすることがあるんです。
子猫に食べやすいのじゃないかと、ドライフードをお湯でふやかす人がいるようですが、ふやかしたフードをとても嫌う猫もおります。

ベビータイプのドライフードは柔らかめに作ってありますので、ふやかさないでそっくりそのままトライさせた方が良いと思います。
体調や体型、便に不都合がなければ、食したいだけ与えて良いんです。

 

 

幼児期(生後1ヶ月半~4ヶ月):1日/3回

 

良質なタンパク質とエネルギー量を要する時です。

ベビータイプのドライフードを主に与えてください。体調や体型、便に不都合がなければ食べたいだけ与えてオーケーなのです。

 

成長期(生後4ヶ月~7ヶ月):1日/2回

 

ベビータイプから、キトン(子猫用)タイプに変えるときです。

体調や体型、便に問題なければ食したいだけ与えて良いです。

 

 

成猫(7ヶ月~7歳):1日/2回

 

7ヶ月前後に去勢・不妊手術をした後、いっきに体重が増え出したケースだとライト(カロリー少なめ)タイプに変えますが、

体重増加がゆるやかな場合は成猫のやつでOKです。動物病院では、去勢・不妊手術後の体重管理を考慮した療法食タイプのフードを取り揃えているところがあるために、

手術の際に話し合っても良いです。猫の体重や体型、活動量によって食べてみる量を規制します。

 

 

中年期(7歳~10歳):1日/2回

 

健康状態に不都合がなければ、成猫タイプまたはライトタイプ(体重管理)を。猫の体重や体型、運動量次第で食べる量をコントロールします。

 

 

老齢期(10歳以上~):1日/2回

あらゆる猫が老齢期というわけではありませんから、とりわけフードを変更しなくても良い猫もいれば、

タンパク質、脂肪、カロリー量が減っているシニアタイプに変更した方が望ましい猫もいます。

 


猫の体重や体型、運動量によって食事を摂る量をコントロールします。

猫の年齢や運動量、様子によって給餌量をコントロールするのも飼い主様の役割です!